撤去した後も注意が必要|お得な料金でハチ退治を依頼する方法を確認しよう
男の人

お得な料金でハチ退治を依頼する方法を確認しよう

撤去した後も注意が必要

ハチ

小さいけれど凶暴な性格

キイロスズメバチは、その個体が小さいことからあまり危険性を感じない人も多いでしょう。しかし性格は凶暴で、さらにしつこいとされています。人間側が気付かずに巣の近くまで接近してしまうと、突然大群で襲ってきたりもするので注意が必要です。また環境への順応性が高く、人の住む住環境にも適応してしまいます。気づかぬ間に巣が大きくなっていることも多く、駆除には専門業者に依頼するのがオススメと言えるでしょう。キイロスズメバチの駆除を、専門業者に依頼すれば巣ごと撤去してもらえるので安心です。しかしハチには帰巣本能というものがあり、撤去した後でもしばらくは巣があった場所まで戻ってくる性質があります。巣にいたハチは巣と一緒に駆除されているので安心なのですが、遠くに餌などを探しに出かけていたハチなどは数日後に帰ってくることもあります。そのために駆除後もしばらくは警戒が必要なのです。

撤去後には殺虫剤を散布

キイロスズメバチの巣を撤去したあとに戻ってくる蜂を戻り蜂といいますが、この戻り蜂は、巣がなくなったことにより更に攻撃的になっています。ですから戻り蜂を寄せ付けないためにも、撤去後の場所には殺虫剤を万遍なく吹き付けておきましょう。蜂は殺虫成分に非常に弱いために、あまり強いものでなくても効果があります。万が一他の場所に巣を作りかけた時にも効果があるので、自宅には常に準備しておくといいでしょう。キイロスズメバチの戻り蜂は、駆除後もしばらくは生きています。しかし成虫の蜂の餌は、巣にいた幼虫の分泌液です。幼虫のいる巣がなければ戻り蜂は生きていくことは出来ないのです。働き蜂である戻り蜂が女王蜂になることもないので、しばらくすると全滅することになります。