獰猛な蜂から身を守ろう|お得な料金でハチ退治を依頼する方法を確認しよう
男の人

お得な料金でハチ退治を依頼する方法を確認しよう

獰猛な蜂から身を守ろう

巣

獰猛なハチはプロに任せる

先日、白い防護服を着た男性がスズメバチの攻撃を避けながら軒下にぶら下がっている巣を駆除し撤去する様子がテレビ番組で放送されていました。体が大きくて攻撃的なスズメバチと闘うことは、一般の方には簡単なことではありません。スズメバチは強い毒を持った針で何度も刺してきますからアナフィラキシーショックを起こして命の危険にさらされる可能性もあります。また、スズメバチは軒下だけでなく屋根裏や土中にも巣を作ります。巣がどこに作られているかを特定することも難しいですし、これを駆除することもさらに大変な作業となります。巣を撤去した後も仲間のスズメバチが周辺を飛び回る可能性もあります。このような戻りバチと呼ばれるハチの駆除も業者は対応してくれます。

小さい内に撤去すると楽

最初に巣を作り始めるのは女王バチ一匹だけで、4〜5月頃は働き蜂もいないため個人でも撤去することができます。しかし、これ以降は女王バチが産み付けた卵が幼虫となり、そして成虫へと大きくなっていき数も大変多くなります。働きバチは昼間エサを求めて巣を離れ夕暮れになるころ戻ってきます。巣だけでなくスズメバチも駆除する場合は日が落ちてからが行うと効果的です。個人で駆除するときには大きな袋と殺虫剤や燻煙剤を用意します。殺虫剤や燻煙剤を巣に撒いたあと薬の効果で動きが鈍くなるのを待ち、袋に巣を包み込むようにして入れます。巣は意外に重いため袋は分厚くて強度があるもので袋を二重三重に重ねてから使用し、駆除したら早めに処分してしまいましょう。