発生すると厄介な害虫|お得な料金でハチ退治を依頼する方法を確認しよう
男の人

お得な料金でハチ退治を依頼する方法を確認しよう

発生すると厄介な害虫

南京虫

トコジラミ被害が増えているのは、海外との行き来が頻繁になったことに加え、日本の気候風土がトコジラミにとって快適なことが一因です。トコジラミ駆除には大きな苦労が伴います。トコジラミは夜行性であるため、日中に姿を見かけることは滅多にありません。そして、油断していると相当な数に繁殖します。トコジラミ駆除は、被害が大きくならない内に、薬剤をこまめに散布することが重要です。ただ、薬を撒いても、卵は生き残ります。卵を死滅させるためには、寝具にスチームアイロンをかけるのが効果的です。しかし、それでも追いつかない場合は、プロに相談することが得策です。プロによるトコジラミ駆除は、手が届かない隅々まで消毒してくれます。

トコジラミは、シラミではなくカメムシの仲間です。トコジラミを潰した時の不快な臭いはカメムシ特有のものです。カメムシの仲間であるトコジラミには、カメムシ用の殺虫剤も効果があります。また、ゴキブリ用の殺虫剤も効きます。しかし、最近になって殺虫剤が効かないスーパートコジラミも出現しています。そのような虫に住み着かれたら、トコジラミ駆除はプロに任せるしか方法がありません。スーパートコジラミに対しては、業務用の薬剤が効果的です。しかし、子供のいる家庭では強い薬剤の使用は敬遠されます。そこで、最近ではスーパードライアイスを散布して、成虫も卵も死滅させる方法が採用されています。薬剤散布は、虫の隠れ家となる隙間のみに行います。